支援を行ってもらう

もし医療トラブルにあってしまったら

私たちが普段生活するうえで、医療機関との関係は切り離せないものです。 突然の病気や定期的な健診など、医療機関を利用する機会はたびたびあります。 そんな時、もしも医療トラブルにあってしまったら、誰に相談すればいいのでしょうか。 医療トラブルの知識がないとパニックになってしまって、誰にも言えずに泣き寝入りということも考えられます。 その医療トラブルがもしも病院側による医療ミスであったなら、裁判という可能性もでてくるため早めにカルテなどの証拠を押さえる必要もでてきます。 まずはどんな機関に相談すればいいのかきちんと知っておくことが大切です。 医療トラブルに対応してくれる公的機関として挙げられるのは、地域の医療安全支援センターなどです。 気軽に電話で相談することができ、そこから別の相談窓口などを紹介してくれます。

きとんと相談して解決しよう

もし医療トラブルから訴訟へと発展するのであれば、やはり弁護士への相談が必要です。 医療トラブルを専門に行っている弁護士事務所もあります。 そういった弁護士事務所では、医学博士号を持っているなど医療の知識の豊富な弁護士が担当してくれるのが人気の秘密です。 医療事故や医療過誤などの医療訴訟の経験が豊富な弁護士なので、安心して任せることができます。 医療トラブルは専門的な知識が必要になりますので、その事案で法的に賠償責任を問うことができるのかどうかまずは相談してみることが必要です。 相談した結果、訴訟までいかなくて民事調停で解決する場合もたくさんあります。 弁護士がついてくれるというだけで医療機関の対応も変わりますので、しっかりとした説明が受けられるようになるというのも利点です。