プロに話を聞いてもらって必要な行動をとるべき

支援を行ってもらう

医療トラブルにあってしまったら、医療安全支援センターに相談を行なっていくようにしましょう。また、適切なアドバイスをもらうことか可能になっています。また、電話でも相談を行えます。

詳細はこちら

無料で相談

医療トラブルになってしまったら無料で相談が出来るところを見つけておくようにしましょう。また、対応もそれぞれ異なっているので、上手く見極めていくことがとても大切です。

詳細はこちら

事前に相談を行なう

医療トラブルの対処を上手く利用していくためには、相談サービスを有効的に活用させていくことが重要になってきます。そのため、しっかり検討を進めていくようにしましょう。

詳細はこちら

意見を求める

医療トラブルについて確認する場合は、まず、意見を求めておくことが大切です。セカンドオピニオンも注目されていっているので、気になったら確認してみるのも良いでしょう。

詳細はこちら

CONTENTS

相談をおこなう

医療トラブルの相談を行なう場合は、信頼できるところにお願いを行なっていくことが大切です。また、これらに対応した機関もたくさんあるので、しっかり情報を集めておくことが大切です。

詳細はこちら

申し立てる

医療トラブルを相談するなら、コチラの弁護士がおすすめ。美容整形手術などの事案を解決した実績があるので、とても頼りになりますよ。

医療トラブルを申し立てる場合

医療トラブルに関する裁判は、弁護士のなかでも特殊であり専門的な分野で、患者側にたって弁護するは難しいと思われているようです。裁判にもっていくと、立証が極めて難しい医療事故の裁判は、時間も費用もかかってしまいがちです。平均して、審理に2年前後かかるようです。そのため、医療トラブルを早期に解決するために、弁護士が仲介して、話し合いで医療機関とのトラブルを解消する医療ADR(裁判外紛争解決)という方法があります。申し立ては被害者本人でも弁護士でもよくて、費用も裁判ほどかかりません。弁護士が過去の判例などをもとに賠償額を提示し、審理回数も数回、そしてかかる期間も数ヶ月となり、裁判よりもスピーディーに医療トラブルを解決できるので、利用してみるメリットはあるでしょう。

弁護士に相談する際には

医療トラブルについて弁護士に相談するときに、いくつか気をつける点があります。まず、医療事故ではないかと疑った際には、必要な事項を整理し、メモをまとめておくとよいでしょう。医師の治療をうけた時期、そして診断、治療、予後についての説明はどうであったか、医療事故発生までの診断内容の詳細、医療事故であると思った時期とそのきっかけ、そして副作用や合併症に関する説明がきちんとあったかどうかについて、しっかりまとめた上で弁護士に相談しましょう。また、患者が自分で医療機関と対峙しようとすると、感情的になったり、また医師から必要な情報をすべて得られなかったりするので、早期に弁護士に相談して、弁護士を介して話を進めることが大切です。医療トラブルに関する相談は増える傾向にあります。医療事故かもしれないという疑惑があれば、まずは相談してみるとよいでしょう。

医療におけるこれまでの問題

医療トラブル相談というものを行う際には、過去の症例というものを十分に把握しておくということが大切になり、これまでに行われてきた医療に対する様々なトラブルというものを把握しておくことによって、起こってしまった問題がどの程度の罰則というものを受けることになってしまうかのおおよその目安として取り扱うことが可能となります。 これまでの医療業界での歴史の中では、怪我や病気に対しての医療トラブルというものが様々な形で存在しており、弁護士に対しての相談症例というものも非常に数が多く、ご本人は医療トラブルであると思い込んでいて相談を行っていたが、実際には医療トラブルとしての取り扱いというものがおこなわれていないようなケースも数多く存在しておりますので、これまでの症例というものが医療トラブルであるかどうかの一定の目安として取り扱うことが可能となり、相談を行う意味があるのかどうかの一定の判断基準として取り扱うことができます。

医療トラブル相談が行われる今後の見通し

医療トラブルというものが今後どのような形で推移されてくるのかという見通しは、今後益々、相談というものが多く持ち込まれることが予想されてきており、これは人々の暮らしや考え方というものが多様化してきているということが大きな背景となっており、高齢化社会が益々進んできている昨今、病気に対する様々な症例や問題点というものが挙げられるようになってきておりますので、医療に対する考え方というものも多様化が進み、医療に対しての考え方というものも人それぞれに考え方が異なりを見せるのと同時に、医学の進歩というものが大きく進歩を遂げてきていることから、医療機器というものも機械を導入されるようなケースも多く、医療機器に対する扱い方によっての人的なトラブルというものも増えてくるからです。